意外と理解がふわっとしている画像形式:JPEG、GIF、PNGの違いの簡単なまとめ

画像形式

結構違いが分からず使用している画像形式を簡単にまとめ

ざっくり書いてるので詳しい方には突っ込み所もありますが、不要な部分を省いてまとめます。

まず箇条書きでそれぞれの特徴を記載し、
次にそれぞれどんな場合に適しているのか記載します。

JPEGの特徴

・非可逆圧縮(データを捨てることで圧縮)。
・つまり一度圧縮してしまうと元には復元できない。ただ少し軽い。
・透明色の指定ができない。
・アニメーションにできない。

PNGの特徴

・可逆圧縮(データを整理して圧縮)。
・つまり圧縮後、復元する事ができる。
・透明色の指定ができる。
・アニメーションにできない。
・JPEGよりは重いが、圧縮率は高い。GIF画像より10%~30%程度軽い。

GIFの特徴

・可逆圧縮(データを整理して圧縮)。
・つまり圧縮後、復元する事ができる。
・透明色の指定ができる。
・アニメーションにできる。

上記踏まえた上で、それぞれどういった場面に適しているか

JPEGを使う場面

ファイルサイズを小さくするには、JPGが一番便利。
ただJPGは保存する度に画像が劣化する事には気をつける必要があります。

PNGを使う場面

PNGは透明色を用いた画像や、可逆圧縮を重視したい画像に適しています。
ただファイルサイズが大きくなる為、
透明の部分がある画像を除いて、あまり使用しない方が良い。

GIFを使う場面

GIFはアニメーションを作ることができるのが大きな特徴。
実際には広告用のバナー等に使われている。

 

以上簡単なまとめでした。
ブログ書く上でも画像を埋め込んだりするかと思いますので参考までに。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ